オリンピック・スポーツ

2023最新!田中碧の歴代彼女は2人!現在は鈴木愛理で結婚間近?

デュッセルドルフのチームに所属し、ワールドカップでは日本代表として出場のサッカー選手、田中碧さん。

そんな田中碧さんの歴代彼女は2人いるんだとか。

今回は2023年最新情報として、

  • 田中碧の歴代彼女は2人!
  • 現在の彼女は鈴木愛理で結婚間近?
  • 好きなタイプ

について調査しました。

2023最新!田中碧の歴代彼女2人まとめ!

田中碧の歴代彼女まとめは、こちらです。

歴代彼氏人まとめ!

  1. 新井恵理那(時期不明)
  2. 鈴木愛理(2022年)※熱愛報道あり

田中碧さんは、鈴木愛理さんと2022年3月に熱愛が報じられていたようです。

それでは早速、田中碧さんの歴代彼女2人を詳しく見ていきましょう。

歴代彼女①新井恵理那

  • 生年月日:1989年12月22日
  • 職業:神奈川県相模原市
  • 噂になった時期:時期不明

田中碧の歴代彼女、新井恵理那さんをご紹介します。

新井恵理那さんと田中碧さんは、同じ中学校の9歳差で先輩後輩の関係だったそうですよ。

噂になったきっかけ

「好きな芸能人」に新井恵理那さん、と答えていた田中碧さん。

そんな田中碧さんに、新井恵理那さんが「どんなどころが好きなのか」質問したんだとか。

田中碧さんは、「どんなところがって…あぁ、好きというか好きで…」と照れながら答えたため、

これはガチなやつなのでは!?

と熱愛疑惑が浮上したようです。

しかしその後新井恵理那さんと田中碧さんに熱愛報道は無かった為、仲の良い先輩後輩だっただけなのでは?と言われています。

歴代彼女②鈴木愛理

  • 生年月日:1994年4月12日
  • 職業:ハロプロ「℃-ute」メンバー
  • 噂になった時期:2022年頃

田中碧の歴代彼女、鈴木愛理さんをご紹介します。

鈴木愛理さんと田中碧さんは、2022年3月に熱愛が報じられています。

熱愛報道!

2022年3月に熱愛が報じられた、田中碧さんと鈴木愛理さん。

鈴木愛理(27)と、サッカー日本代表田中碧(23)が結婚を前提に真剣交際している

(引用:日刊スポーツ

熱愛報道を受け、田中碧さんはワールドカップアジア最終予選前の取材で、「鈴木愛理さんと交際させていただいています」と公言し話題となりました。

馴れ初めは?

鈴木愛理さんと田中碧さんは、共通の知り合いの接骨院で知り合ったんだとか。

共通の知り合いで接骨院の先生がいてね。

(引用:exciteNEWS

鈴木愛理さんと田中碧さんの馴れ初めは、接骨院だったんですね。

田中碧さんと鈴木愛理さんは、2020年頃から交際していたのでは?と言われています。

どこの接骨院?

田中碧さんと鈴木愛理さんの馴れ初めとなった接骨院の先生が誰なのかは公表されていませんが、

浜田山大地整骨院の木下大地院長なのでは?

と言われているようです。

接骨院の院長が、田中碧さんと鈴木愛理さんのキューピットだったのかもしれませんね。

スポンサーリンク



2022現在!田中碧と鈴木愛理は結婚間近?

2022年現在交際していることが判明している、田中碧さんと鈴木愛理さん。

そんな鈴木愛理さんと田中碧さんは「結婚間近なのでは?」と噂になっているようですが、本当なのでしょうか?

結論から申し上げますと、

田中碧が鈴木愛理に、2021年頃にプロポーズした

と報じられていることが判明しています。

2021年にプロポーズ?

田中みどりさんは、2021年の夏にドイツに渡る前、鈴木愛理さんにプロポーズした、と報じられています。

田中は、昨夏ドイツに渡る直前にプロポーズ

(引用:日刊スポーツ

すでに田中碧さんと鈴木愛理さんの両親に、挨拶が済んでいる…との情報もあるようですね。

田中碧さんと鈴木愛理さんが結婚報道されるのは、秒読み段階なのかもしれませんね。

スポンサーリンク



田中碧の好きなタイプは?

田中碧さんの好きなタイプをご紹介します。

田中碧さんは、

話しやすい女性

が好きなんだとか。

優しい女性が好き、ともコメントしています。

好きな芸能人は石原さとみ

田中碧さんの好きな芸能人は、石原さとみさんなんだとか。

笑顔がステキな話しやすそうな女性ですね。

ちなみに男性芸能人では、宮川大輔さんが好きなんだそうですよ。

スポンサーリンク



今回は2023年最新情報として、

  • 田中碧の歴代彼女は2人!
  • 現在の彼女は鈴木愛理で結婚間近?
  • 好きなタイプ

について調査しました。

田中碧さんは2022年現在、鈴木愛理さんと結婚間近と噂になっていることが判明しました。

今後も田中碧さんの活躍を応援していきましょう。